伊集院光

エンターテイ メント

芸能界きってのカードゲーム通。伊集院光がオススメのカードゲーム7選

久しぶりに「JUNK 伊集院光 深夜の馬鹿力」Podcast版を聞き返してみたところ、カードゲームについての話題があり、伊集院さんがいくつかのゲームをお勧めしていたのでご紹介。
伊集院さんの実のお兄さんは大のカードゲームマニアだったらしく、子供時代から色々なゲームに触れてきたとのことで、現在のアナログゲームブーム以前からその面白さに着目していたようです。
とくに心理戦的要素を含むゲームがお好きのようですね。

伊集院さんが面白いと言っていたゲームはこちら

ごきぶりポーカー

ごきぶりポーカー
Via amazon.co.jp

Podcastでもこのゲームを中心にしてカードゲームの面白さを熱弁されていました。
いわゆるブラフゲームの類で相手との心理戦を楽しむ内容。
カードに記載されている絵柄はゴキブリのほか、サソリやカエルなど嫌われ者ばかり。
これらのカードを他人に押し付け、同じ動物が4つ集めてしまった人の負けというルール。
カードを渡す際は渡すゲームがなんの動物かを宣言するのですが、嘘でも本当でもOK。
渡される側の人がその真偽を当てれば、そのカードは相手に押し付け、外した場合は自分が引き取らなければなりません。
伊集院さんも言っていましたが、ルールを聞いただけでは何が面白いのかわからないゲーム。
しかし実際プレイすると、その異様なまでの心理戦に頭が混乱。
僕も実際やってみてその面白さが理解できました。

ヘックメック

ヘックメック

Via amazon.co.jp

こちらも虫が登場するゲーム。
プレイヤーはニワトリとなり、大好物の虫を集めるという内容。
このゲームの一番大きな特徴は複数のサイコロを使うというところ。
8個のサイコロを振って出目をキープし、イモ虫の描かれたタイルを多く集めたプレイヤーが勝ちとなります。
こちら運的要素が多くはありますが、ドラマチックな展開を数多く生み出し最後まで気が抜けないゲームです。

お邪魔者

お邪魔者
Via すごろくや

どちらかというとボードゲームに近いシステムになっています。
プレイヤーはそれぞれ「金鉱掘り」と「お邪魔者」の2つの役割に分かれ、それぞれの目的を阻止するという内容。
こちら誰がどの役割なのかわからない状態で進行するので、疑心暗鬼は必死です。

タブラの狼

タブラの人狼

Via すごろくや

おそらく今回紹介するゲームで一番のメジャーどころ。
日本では人狼という名前で親しまれているゲームで、かつて人狼をテーマにしたテレビ番組が存在したほど。
人間側は人狼を全て処刑すれば勝利、人狼側は人間を自分たちと同じ数まで減らせば勝ちという内容のもの。
とにかくここまで人間性が出るゲームも他には無いかと思います。
人狼が爆発的に流行する前に目をつけていた伊集院さんの先見性はさすがとしか言いようがありません。

ナンジャモンジャ

ナンジャモンジャ

Via amazon.co.jp

ロシア産のかわいい奇妙な生物が描かれているカードゲーム。
伊集院さんの公式ブログでも紹介されており、かなりのお気に入りのご様子。
こちらPodcastでは紹介されていなかったのですが、伊集院さん御用達の高円寺に店舗を構えるゲーム屋「すごろくや」とコラボしてオリジナルバージョンを作成されています。
ルールはめくって出てきたキャラクターに名前をつけ、次に同じキャラクターが出てきたら、真っ先にその名前を言ったプレイヤーが勝ちという単純明快なもの。
とにかく爆笑間違い無しな内容で、ルールも簡単なのでぜひお子様がいらっしゃる方は一緒に遊んでみてください。
もちろん大人同士が遊んでもとっても面白いですよ。

髑髏と薔薇

Skull

Via amazon.co.jp

絵柄が美しいこのゲーム。
遊び方はいたってシンプル。
髑髏(ドクロ)と薔薇(バラ)が描かれている2種類のカードを用いて、各プレイヤーの山札から可能な限りめくることができる数を予想するいわゆるブラフゲームです。
現在は「Skull」と言う名前にリニューアルして販売されています。

イチゴリラ

イチゴリラ

Via amazon.co.jp

こちらはすごろくやのオリジナルのゲーム作品。
簡単に行ってしまえば神経衰弱なのですが、通常のルールと違うところは2枚ペアだけでなく、3枚セット、5枚セットで見つけないといけないカードがあるというところ。
もちろんセットの枚数が多いものほど点数は高いのですが、その分記憶力が要求されるのが悩ましいところです。
絵柄もかわいく、対象年齢も3歳以上となっていますのでお子さんのアナログゲーム入門用としても最適だと思います。

こうしてみてみると伊集院さんはシンプルなゲーム内容のものがお気に入りのようです。
残念ながら過去のPodcast放送は現在聞くことは出来ませんが、今でもアナログゲームにはのめり込んでいるそう。
またラジオでも今はまっているゲームの紹介を行っていただきたいですね。

サムネイル写真:伊集院光 公式ブログ / Via lineblog.me

関連記事

  1. ネス湖ペナント

    ホビー

    客間に飾りたい C.J.MART「ネス湖ペナント」はB級感が堪らない一品

    ペナントと言えば観光地のお土産物の定番。その場所の名物や名…

  2. ゾンビ除けお守り
  3. ランドスケープ・クリエイション
  4. wave「アストロシティ筐体」

    ホビー

    まさに名機。wave「アストロシティ筐体」で90年代のあの頃の雰囲気を自宅に再現。

    90年代にゲーセン通いをしていた方には、とても馴染み深く懐かし…

  5. 夢のコラボ実現!コロコロコミック× SANRIO

    アニメ・漫画

    最強タッグ爆誕。「コロコロコミック× SANRIO」商品化プロジェクト

    まるっきり逆の属性にある者同士が、まさかこんなにも親和性が高い…

  6. NEXUSプレゼンツ「スーパー桃太郎」

おすすめ記事

  1. ボドゲーマ
  2. ラプラスの魔
  3. 伊集院光
  4. Kindle版ゲームブック「ドルアーガの塔」
  5. 放課後さいころ倶楽部

過去記事一覧

  1. 有野課長

    ファッション

    有野課長が愛用のアイトス作業服「AZ-5320シリーズ」なんと無料の刺繍サービス…
  2. Zoff PC CLEAR PACK ポケモンモデル

    ファッション

    PC用メガネは君に決めた!「Zoff PC CLEAR PACK ポケモンモデル…
  3. ジェルミクライン「HOOK-UPS」

    ファッション

    ジャパニーズ美少女アニメとアメリカのスケート文化が融合したジェルミクライン「HO…
  4. ネス湖ペナント

    ホビー

    客間に飾りたい C.J.MART「ネス湖ペナント」はB級感が堪らない一品
  5. 少年探偵シリーズマグネット

    ホビー

    奇譚クラブ「少年探偵シリーズマグネット」昭和の小学校の図書館にあったアレです。
PAGE TOP