Kindle版ゲームブック「ドルアーガの塔」

ホビー

Kindle版ゲームブック「ドルアーガの塔」は手軽に遊べるTRPG風アナログゲーム

アーケード版が1984年にナムコ(現バンダイナムコゲームス)よりリリースされ、後にファミコン版も発売されたアクションRPGの名作「ドルアーガの塔」。
ゲームデザインはゼビウスなどを手掛けた遠藤雅伸氏。
その「ドルアーガの塔」は当時ゲームブックとしてもリリースされ、本格的でやりごたえのある内容、ビデオゲーム版の独自の世界観を見事に再現したことで、日本のゲームブック史上最高傑作と絶賛されました。

例えればシングルプレイ可能なTRPG

例えればシングルプレイ可能なTRPG
ゲームブック版ドルアーガの塔は「悪魔に魅せられし者」「魔宮の勇者たち」「魔界の滅亡」の全3巻で構成されており、1巻辺り20フロアを収録、全60フロアという壮大なゲームボリュームでした。
内容のほうがビデオゲーム版と同じく、主人公ギルがドルアーガの塔に単身乗り込み、途中でスライムやドラゴン、ナイトなど様々なモンスターの攻撃やトラップを掻い潜りながら、悪魔ドルアーガに囚われた恋人のカイを救うというもの。
基本的なゲーム進行は、提示された選択肢により行動や運命が決まり、戦闘はダイスを振って判定を行うというプレイスタイル。
またフロアでの自分の現在位置は、方眼紙などにマッピングを行うことで把握するという極めてアナログな手法を用いますが、この面倒臭さが現在の親切すぎる最新のビデオゲームと違い、非常に新鮮に感じることが出来ます。
ドアを開けた先はモンスターか?アイテムか?選択肢を選ぶ時のドキドキ感が堪らなくスリリングです。
温故知新とはまさにこのようなことを言うのではないかなと思います。

Kindle版でより快適に楽しもう

このゲームブック版はリリースされて30年以上経ちますが、今でもその人気は非常に高く、これまでも復刻版が出ています。
現在、Kindle版もリリースされより手軽にプレイすることが出来るようになっており、目的のページへの移動も選択肢にハイパーリンクが貼られていて、アナログな遊び心地はそのままに、より便利になっています。
また、紙版はプレミア価格がついており定価の数倍の値段がしますが、Kindle版は価格も400円とかなり良心的。
さらにはKindle Unlimitedに加入されている方は、こちら読み放題の対象になっており、無料で楽しむことが出来ます。
最近、CGのクオリティばかりを追い求めているビデオゲームに少々食傷気味の方、今だからこそ新しく感じられるこのゲーム、ぜひ体感してみて下さい。

関連記事

  1. 月刊ボードゲーム製作キット

    ホビー

    ボドゲ界のディアゴスティーニ「月刊ボードゲーム製作キット」

    これは良いアイデア。現在のブームを考えると結構需要はあるの…

  2. カルカソンヌ
  3. CAPCOM×B-SIDE LABEL「ミニキュート」

    ホビー

    駄菓子屋の前にたいてい置いてあったアレです。CAPCOM×B-SIDE LABEL「ミニキュート」の…

    90年代よく駄菓子屋や文房具店の店先に、置いてあった小さいアー…

  4. Meeple Upgrade Kits
  5. パックマンバンダナハンカチ

    ファッション

    TOKYO PiXEL.「パックマンバンダナハンカチ」で日常にサラリとレトロゲー要素を取り入れる

    パックマンと言えばマリオと並んで、世界中でその名を知られている…

  6. BTTF2「HOVER BOARD 1/1レプリカ」

    テレビ・映画

    この80年代特有のポップ感が堪らない。BTTF2「HOVER BOARD 1/1レプリカ」

    流石に宙には浮きませんが、再現度は抜群です。映画バック・ト…

おすすめ記事

  1. ボドゲーマ
  2. ラプラスの魔
  3. 伊集院光
  4. Kindle版ゲームブック「ドルアーガの塔」
  5. 放課後さいころ倶楽部

過去記事一覧

  1. Pelican 1510

    ファッション

    「Pelican 1510」ヘビーデューティーという言葉はこのケースのためにある…
  2. おとりよせ王子 飯田好実

    アニメ・漫画

    「おとりよせ王子 飯田好実」ネット通販で週末はプチ贅沢を楽しもう
  3. クラフト「チェダースライス」

    フード・ドリンク

    クラフト「チェダースライス」で一層のコクをプラス。一気にアメリカナイズされた味へ…
  4. はみでるバーガー メンチカツ

    フード・ドリンク

    ローソンの「はみでるバーガー(メンチカツ)」は高カロリーの罪悪感とその美味しさが…
  5. 富士山マグカップ

    生活

    日本の庶民派アートの代表格を手元に。The Porcelains「富士山 マグカ…
PAGE TOP