NEXT WORLD 私たちの未来

IT・Web

NHK「NEXT WORLD 私たちの未来」こんなワクワクがもうすぐそこに。

2015年の1月から2月にかけて放送されたNHKのシリーズ番組「NEXT WORLD 私たちの未来」。
神木隆之介さんをナビゲーターに、世界中で日夜研究されている様々な分野のテクノロジーが今後どのように私達の生活を変えていくかということにスポットを当てた、ドキュメンタリーとドラマで折混じった内容です。
質に関してはさすがNHK。
その取材力と情報の濃さ、また番組内の様々な場面で多用されているCGもハイクオリティーです。
またテーマ音楽をサカナクションが担当しており、彼らの世界観がより希望に持ち溢れた未来感を演出してくれます。

シリーズは全5回で構成されており、各回のテーマは以下の通り

各放送回テーマ

第1回放送テーマ「未来はどこまで予測できるのか」

第1回放送テーマ「未来はどこまで予測できるのか」
Via nhk-ondemand.jp

シリーズ初回は、テーマ音楽を担当するサカナクションによる驚きのライブで幕を開ける。視聴者は自分の分身・アバターを作り、ライブに参加、2045年の未来世界が出現する。人工知能の爆発的な発達で、未来予測の精度は飛躍的に高まり、仕事から消費行動、犯罪の防止、さらには人生の進路まで、選択肢が提示される社会が到来しつつある。未来予測を人間の幸福のために使えばいいのか、ドラマとドキュメントで探っていく。

第2回放送テーマ「寿命はどこまで延びるのか」

第2回放送テーマ「寿命はどこまで延びるのか」
Via nhk-ondemand.jp

今も人間は一日5時間ずつ寿命が延びている。それをもたらすのは、進化する医療テクノロジー。再生医療と3Dプリンターを組み合わせた臓器の再生、人間の体内を巡回し、がん細胞を見つけ出し、撃退するナノマシン、高難度の手術もミスなく行う手術ロボット…。なかでも衝撃的なのは、ハーバード大学の研究者が開発中の若返りの薬である。人間なら誰しも抱く「若いまま、年を取りたい」という究極の夢が現実味を帯び始めている。

第3回放送テーマ「人間のパワーはどこまで高められるのか」

第3回放送テーマ「人間のパワーはどこまで高められるのか」
Via nhk-ondemand.jp

人間が新たな身体能力と知性を獲得しつつある。それを実現するのは、機械との融合。ロボット技術を装着した兵士は、重装備をモノともせず、何時間でも戦い続けられる。頭脳をアシストする「ウエアラブル・コンピューター」はコンタクトレンズ型なども登場し、いつでも身につけられ、まるで脳の一部となる。究極の形は、脳の情報をロボットにそのままコピーし、永遠の命を持つこと。人間の能力はどこまでパワーアップするのか。

第4回放送テーマ「人生はどこまで楽しくなるのか」

第4回放送テーマ「人生はどこまで楽しくなるのか」
Via nhk-ondemand.jp

色や形が変化する洋服や自然食材に頼らず化合物によって味のパターンを無限に作り出せる究極のグルメ、我慢しないでできるダイエット。人生の楽しみが広がっている。中でもバーチャルリアリティーの進化は私たちに新たな楽しみをもたらす。部屋に居ながら世界中を旅できる、どこでもドア。亡くなった人をデジタル空間によみがえらそうという試み。大切な人と永遠の語らいを続けることも夢ではない。未来で変わる人生の楽しみとは。

第5回放送テーマ「人間のフロンティアはどこまで広がるのか」

第5回放送テーマ「人間のフロンティアはどこまで広がるのか」
Via nhk-ondemand.jp

超高層ビルが各地に出現している。高さ1kmを超えるビルがまもなく完成、1600mのビル建設も可能だと言う。さらに、宇宙移住の道も開かれようとしている。熱い視線を集めているのが火星。各国は探査機を送り込み、居住地の選定も検討されている。水も豊富にあり、太陽光も降り注ぐ未知の星。火星移住者を募るプロジェクトも始動し、希望者は20万人に達した。人類はネクストワールドで、どこに新天地を見いだすのか。

アニメで描かれた世界はもはや虚構ではない

番組が描く舞台はアニメ「攻殻機動隊」や「PSYCHO-PASS」の世界の様。
しかし決してその世界は退廃的なものではなく、早くその到来が待ち遠しいと思われる希望に持ちあふれるものばかりでした。
一方、急激なテクノロジーの発展に伴い新たに弊害として生じたモラル面の問題など、今まで見えなかった部分を考えさせてくれる機会を与えてもくれます。
番組の時代設定は2045年。
本当にそう遠くない未来です。
アーカイブ映像はNHKオンデマンドで配信されていますので、ぜひあなたもご覧になってこのワクワクを体験してみて下さい。

NHKオンデマンド Nスペ ネクストワールド 私たちの未来

サムネイル写真:Via Rhizomatiks Design

関連記事

  1. Space Cowboy Art Print

    テレビ・映画

    まるであのポップアートの巨匠が描いたかのようなテイスト。「Space Cowboy Art Prin…

    こちら、かのエルヴィス・プレスリーをモチーフとしたアンディー・…

  2. 大人のプラモ道

    テレビ・映画

    これが無料で本当にいいの?「大人のプラモ道」でキラリと光る匠の技を堪能する

    最近またプラモ製作に興味が湧いてきた中、YouTubeを巡回し…

  3. 孤独のグルメ
  4. Deliveries

    IT・Web

    荷物追跡アプリ「Deliveries」で気になる配送状況をリアルタイムトラッキング

    Amazonで月に何度も買い物をする僕ですが、同じような人にピ…

  5. Astropad

    IT・Web

    手元のiPadをペンタブ化する「Astropad」は安価にお絵かき環境を導入可能

    本格的なイラストを描かないまでも、ちょっとした落書きや、手書き…

  6. エイリアンエッグ&フェイスハガー コレクターパック グロー・イン・ザ・ダーク ver

    テレビ・映画

    細かい部分までユーモア溢れた「エイリアンエッグ&フェイスハガー コレクターパック」

    これはなかなかジョークの効いたコレクターグッズでです。スペ…

おすすめ記事

  1. ボドゲーマ
  2. ラプラスの魔
  3. 伊集院光
  4. Kindle版ゲームブック「ドルアーガの塔」
  5. 放課後さいころ倶楽部

過去記事一覧

  1. IKEA「ALKALISK アルカリ電池」

    ガジェット

    激安すぎるIKEA「ALKALISK アルカリ電池」で急な充電切れも怖くない
  2. ZPC HT LEAF

    ファッション

    「ZEMAITIS」のピックケースはギターを弾けない人、女性にもオススメのグッド…
  3. Zoff PC CLEAR PACK ポケモンモデル

    ファッション

    PC用メガネは君に決めた!「Zoff PC CLEAR PACK ポケモンモデル…
  4. エセナパJ

    IT・Web

    怪しい看板やポップを再現できる中華風フォント「エセナパJ」
  5. Dobble Des Marques

    ホビー

    有名所がずらりと並んだ企業ロゴ版ドブル「Dobble Des Marques」
PAGE TOP